喜多方ラーメンが好き

喜多方ラーメンとの出会いは25年ほど前。福島県の本場の喜多方ラーメンを食べてー、言いたいところですが、実際は新宿歌舞伎の中にある喜多方ラーメン坂内でした。

友人がチャーシューメンがうまい店があると聞いて同行したのだ。その道中で「このチャーシューメンを食べたらしばらくチャーシュー食べたくなくなるよ」と言われ、どんな意味だと思ったのを記憶している。

小じんまりとした店内で響く、チャーシューメン4つの声。その8分後ぐらいに目の前にあらわれたチャーシューメンは、今でも覚えている。

麺がチャーシューで見えないのだ。19歳の食べ盛りの青年にその器は神々しくさえ思え、夢中でチャーシューを食べた。

食べても食べても減らないチャーシューに、最初は嬉しく思ったが、段々ともういいかなと思い始めてきたのを覚えている。

チャーシュー自体はとてもやわらかく、はっきりとした醤油味が染み入った美味しいものだったが、さすがにあの量となると後半は若干あきてきた。

しかし、伸びのある麺、味の良いスープとともに時間はかかりながらも完食できた。

それから20数年が経ち、今では10歳になる息子を連れ、坂内に行ったりもする。

ウマイウマイとチャーシューを頬張る息子を見て、そうかそうか喜ぶ親父になった。jメール福井

四つ葉のラーメンはハマグリより醤油がいい

四つ葉のラーメンは埼玉県の川越市にある数年前から行列ができる人気の店です。

わたしはたまたまラーメンデータベースで周辺のラーメン屋を探している時に知ったのが数年前だったので、まだ行列ができていない頃に初めて訪問しました。

別に昔から知ってるよ自慢とかじゃないですよ(笑)

当時はL字型のテーブルと、4人席が1つか2つあったと記憶しているのですが、今のような寿司屋の小上がりで食べるスタイルではなかったのですが、ラーメンは現在と同じようなハマグリの他に醤油などいくつかあったと思います。

一番の人気はハマグリラーメン。これが四つ葉の代名詞でしょう。

かなりラーメンを食べてきた人には想像のつく味です。ハマグリの出汁がきいたスープを想像してください。それです(笑)

完成度は高いスープなので、最後まで飲みきるお客さんは多いかと思います。

最近ではスーパーで生麺タイプの四つ葉のラーメンが売られていますが、ここでも置いてあるのはハマグリラーメン。

しかし私が推奨したいのは四つ葉の醤油ラーメンなんです。

あの濃口醤油のスープに負けない、存在感のある麺との組み合わせは最高といえます。

スーパーにもハマグリと並んで生麺タイプの醤油ラーメンが置いてあったのですが、最近はハマグリ味のみになってしまい残念です。もし見かけたら一度試してみてください。おすすめです。神奈川 東京 引越し

蒙古タンメン中本はセブンイレブンのカップラーメンで好きになった

蒙古タンメン中本は最初は上板橋駅近くにあり、その初代店主が閉店する際に継がせてほしいと常連である客が修行してできたのが二代目の今の総帥?が立ち上げた城北公園前に構えた本店であった。

私もその店ができたそうそうに、あまりの行列に並んでみたのである。そして、そこが激辛ラーメン屋だということを知り、カウンターの席の上に汗でできた水たまりをつくって帰ったのである。

ただ、辛いだけの何の旨味もないラーメン。

これが私の蒙古タンメン中本の感想だった。

しかし、その後も後を絶たない行列を長い間みていたので、自分の感覚がおかしいのかもしれないと、再度並んでみたのだ。

結果、やはり辛いだけの何の旨味もないラーメンだった。

それから10年近く経ったある日、セブンイレブンのカップラーメンコーナーに蒙古タンメン中本のカップラーメンが並べられていた。スーパーやコンビニとタイアップし、自分の店の味に近いカップラーメンを販売するのは一流店の証だ。すごいな蒙古タンメン中本、もう一度だけ試してみるかと食べてみた。

美味い。めちゃくちゃ辛いけど、旨味を感じる。

もしかしたら、店で食べても旨味を感じられるかもしれない。

そう思い、もう一度本店に足を運んだ。

美味くない。

と言えば落ちになるが、これがめちゃくちゃ美味かったのだ。

と言っても食べたのは蒙古タンメンではなく、味噌タンメン。

旨味と辛味が調和した本当に美味いラーメンだった。

コンビニのカップラーメンで気に入って美味しくなった珍しいケースである。jメール 会えない

ラーメン二郎のにんにくだけ増すコール方法

ラーメン二郎が好きだ。最初に食べたのは20年以上前の新橋店だった。化学調味料をふんだんに使ったショッパイスープ、ウドンのような太麺、今までに見たことがないようなブタと呼ばれるチャーシュー、これでもかと盛られる野菜とにんにく、そのどれもがそれまで味わったことのないラーメンであった。

二郎はラーメンではない、二郎という名の料理であるなんて言葉通りの怪物であった。そしておもしろいのが、初めて食べた人の大半がこれを美味しいと思わないのだ。しかし何かの拍子にもう一度食べると、3度目ぐらいから、今日なんか二郎食べたいに変わるのだ。

これは暴力的なまでの化学調味料がそうさせている、魔法の粉を使っているなど、禁断症状を思わせる中毒性があるなどと言われるが、あれに変わるものはないので、体が求めてしまうのだろう。

さて、年をとって以前は大を感触できた胃袋が最近では小に野菜をマスだけでも辛くなってきた。それでもにんにくの無い二郎は二郎ではないというひばりヶ丘二郎の店主の言葉にあるように、にんにくだけは増して頼みたい。そんな時のコールは、「にんにくで」で大丈夫だ。にんにく入れますか?と聞かれて、はいと答えると、にんにくだけでいいですか?と聞き返されることになるので、日本語的にはおかしいが、にんにくでと答えると良い。

決して体に良くないのでおすすめはしない。できれば知らない方がよい代物の話だ。横浜市 練馬区 引越し

小竹向原にある一番ラーメンは美味い

一番ラーメンと言うラーメン屋が西武有楽町線の小竹向原と言う駅から5分ほどの、環状7号線沿いにある。私はここのラーメンが好きで20年ほど通っているのだが、10年ほど前に先代が引退してから味がぼやけたため、だんだんと足が遠くなっていた。

それは私だけでなく、数多くの常連が同じように感じていたのか、常に行列が10人ほどあった人気店が、やがていつでも並ばずに食べれるお店になってしまっていた。私は車で一番ラーメンの前を通ることが多かったため、その状況を見るたびに寂しい気持ちになっていた。

そんな状況が数年続いた去年頃に土曜日だけは以前に近い行列が戻り始めていた。そして今年は平日でも行列ができる日が増えてきている。私はその状況を見てとても嬉しく感じている。

今現在お店を切り盛りしている店主は、先代の息子であると聞く。その息子の気持ちを考えれば、この10数年は大変な思いであったであろう。しかし今は公式ホームページをインターネットに上げるなどして以前の親父さんの行列を再現し始めている。

ここのラーメンは、メンもスープもチャーシューもとにかく美味い。味も醤油、味噌、塩の三種類があるが、どれも美味い。ひさびさに近日その行列に息子を連れて並んでみたいと思う。医療脱毛 安い 渋谷