蒙古タンメン中本はセブンイレブンのカップラーメンで好きになった

蒙古タンメン中本は最初は上板橋駅近くにあり、その初代店主が閉店する際に継がせてほしいと常連である客が修行してできたのが二代目の今の総帥?が立ち上げた城北公園前に構えた本店であった。

私もその店ができたそうそうに、あまりの行列に並んでみたのである。そして、そこが激辛ラーメン屋だということを知り、カウンターの席の上に汗でできた水たまりをつくって帰ったのである。

ただ、辛いだけの何の旨味もないラーメン。

これが私の蒙古タンメン中本の感想だった。

しかし、その後も後を絶たない行列を長い間みていたので、自分の感覚がおかしいのかもしれないと、再度並んでみたのだ。

結果、やはり辛いだけの何の旨味もないラーメンだった。

それから10年近く経ったある日、セブンイレブンのカップラーメンコーナーに蒙古タンメン中本のカップラーメンが並べられていた。スーパーやコンビニとタイアップし、自分の店の味に近いカップラーメンを販売するのは一流店の証だ。すごいな蒙古タンメン中本、もう一度だけ試してみるかと食べてみた。

美味い。めちゃくちゃ辛いけど、旨味を感じる。

もしかしたら、店で食べても旨味を感じられるかもしれない。

そう思い、もう一度本店に足を運んだ。

美味くない。

と言えば落ちになるが、これがめちゃくちゃ美味かったのだ。

と言っても食べたのは蒙古タンメンではなく、味噌タンメン。

旨味と辛味が調和した本当に美味いラーメンだった。

コンビニのカップラーメンで気に入って美味しくなった珍しいケースである。jメール 会えない